なぜ虫歯になるのか?

虫歯になる原因を知っておくことは非常に重要です。
なぜならば原因を知っているからこそ対策が出来るからです。
原因がわからなければ対策ができません。

これは虫歯だけじゃなく、どんな病気でもそうですよね?
たとえば昔は結核は不治の病として、いまでいうガンと同じぐらい
恐れられていました。

いや、それ以上だと思います。江戸時代が時代背景となっている
マンガなどでは、よく出てきますね。

けど、現在では結核で死まで至る方はほとんど居ません。
結核になるヒトすらもほとんどいません。

そう、結核の理由が明確にわかり、対策、予防がしっかりと
出来ているからです。

このように虫歯も予防対策をするためには、まずは虫歯の原因を
知ることから始めていきましょう!

では、虫歯の原因ということですが、虫歯はクチの中に残った
食べカスが原因で細菌が繁殖することで起こります。
その細菌が食べ物の中に含まれている糖分を破壊するために、
酸を出すんですね。

すると歯はエナメル質の歯を溶かしてしまいます。

人間のカラダはよく出来ており、唾液の中に酸を防ぐ役割も
あるのですが、酸のほうが多くなると、歯が解けて虫歯に
なっちゃいます。

その細菌の温床となるのが「歯垢」「歯石」というわけです。
だから歯垢やその固まりである歯石を取ることは、
虫歯対策として非常に重要なんです!


家族で電動歯ブラシを使う


超音波・電動歯ブラシについて

使い方のアドバイス

タバコのニオイについて

歯医者の体験談

健康情報

お役立ちQ&A